【イベントレポート】「FULLER MOBILE CONFERENCE 2018」に Red for Publishers チーム多湖が登壇いたしました!


こんにちは!人事の京極です。
本ブログでも以前告知させていただきました、フラー株式会社主催のイベント「FULLER MOBILE CONFERENCE 2018」が8月24日(金)に開催され、弊社からは、「Red for Publishers」のProduct Marketing Manager 多湖が登壇いたしました!


【お知らせ】弊社 多湖が 8/24 開催「FULLER MOBILE CONFERENCE 2018」に登壇いたします

8月24日(金)に開催される「FULLER MOBILE CONFERENCE 2018」に、弊社プ […]

私もイベントに参加してきましたので、会場の様子をお届けしたいと思います。

今回のイベントで紹介する「Red for Publishers」って…?

フリークアウトでは、広告主の皆さまには広告効果を最大化するためのプラットフォーム「Red」を、デジタルメディアの皆さまには広告配信プラットフォームの開発・運用支援を目的としたプロダクト「Red for Publishers」を提供しています。
今回はその「Red for Publishers」を中心に、Product Marketing Manager としてメディアの皆さまに向けたマネタイズ支援を行ってきた多湖が、「ユーザー獲得と収益化」というテーマでお話させていただきました。

会場は大盛況!豪華登壇者によるセッションに観客も熱中

場所は東京駅の丸ビル!ベンチャー界隈ではあまり馴染みのないエリアであるためか、ドキドキしながら会場へ。
今回のイベントは、アプリディべロッパーの方を中心に、定員を上回る応募数があったそうです。会場を埋め尽くす熱狂の中で、セッションスタートです。

(左)リミア株式会社 代表取締役社長 金子様・(中央左)株式会社Moonshot 代表取締役CEO 菅原様・(中央右)株式会社フリークアウト Product Marketing Manager 多湖・(右)フラー株式会社 執行役員CMO 杉山様

「アプリビジネスがダウントレンドという論がよく議論されるが、どう思う?」
「メディアの収益化についてどう思う?」

といった、参加者の気になるトピックスがどんどん展開されていきます。
メディアの皆さまの収益化を支援する立場の多湖からは、このようにお話させていただきました。

メディアが追いかける「価値」とか「指標」は、実は代理店やマーケッターが決めた指標。アドネットワーク全体の「群」として見られている価値とメディアの本当の価値は違う。
外のプレーヤーが決めた「指標」ではなく、中にいる自分たちで「指標」を決めた方が良い。アドネットワーク全体の「群」と分けて、メディアの価値は何かを、きちんと考えていくべきです。

「人に人らしい仕事を」のビジョンのもとに

「Red for Publishers」は、メディアの皆さまの広告配信による収益最大化を可能にします。私たちのプロダクトによって、本来メディアの皆さまが注力、専念すべきコンテンツの充実や集客に専念いただける環境を提供いたします。
フリークアウトはお客様に、人が人らしく、人にしかできない仕事に専念できる環境を提供するプロダクトをつくり続けていきます!