【小ネタ】森のオフィスで飼われているメダカと金魚が癒やされる…!


こんにちは!Creativeの秋葉です。
バックオフィス業務のメンバーが働く執務フロアには、メダカと金魚の水槽があるんだとか!
そこで、飼い主であるフリークアウト・ホールディングス 法務の小中さんにお話を聞きました。


フリークアウト・ホールディングス Administration Division 法務/IR担当 小中さん

森のオフィスに癒やしの水槽

小中さんのデスクのそばに、2つの水槽。たくさんのシロメダカの赤ちゃん!

小中:最近、卵が産まれて繁殖しています!
前にはメダカが水槽から飛びでてしまうことがありました…。そのときは無事水槽に戻せて一命をとりとめたので、ほっとしましたね。

こちらのビオトーブにいるヒメダカも、飼い始めてから繁殖したんだそう。

水の入れ替え、掃除は週に1回程度。小中さんが仕事の合間にやっているんだとか。

小中:水槽を見ながら仕事をすると癒やされます…。それに冬は加湿器代わりになるメリットもあるんです(笑)。

CFOのデスクには、赤が鮮やかで鯉のような金魚が。その名も「ニシキゴイ」!
下には「オトシン」という種類の小さな魚がいます。

小中:先代に「ジョン」と「ボブ」と名付けたピンポンパールという金魚がいたのですが、残念ながら死んでしまいました…。2代目も、大事に飼育しています!


先代のピンポンパール「ジョン」「ボブ」

オフィスの癒やし・金魚とメダカ

えさやりの様子も見せていただきました!

小中:飼いはじめた理由はなんとなくでしたが、今ではバックオフィスチームの人気者です♪今度エンジニアメンバーにメダカをおすそ分けすることになりました。社内でメダカブームが広がりつつあるのが嬉しいです!社内でメダカを飼いたい方がいたら、おすそ分けします〜!

小中さん、ありがとうございました!