【社員インタビュー】アジアの市場で裁量を持って挑戦できる環境 by.丸山 詩織


こんにちは!Creativeの秋葉です。

2018年10月、フリークアウトグループの運用拠点 Rigoletto Sdn. Bhd. (以下:リゴレット)がマレーシアのクアラルンプールに設立されました。
リゴレットはグローバルプラットフォームの運用ノウハウを蓄積・体系化し、広告運用のプロ集団としてマーケティングサポートを実現する会社です。

世界各国に拠点増加に伴い案件が急増しており、リゴレットでは事業拡大のため「広告運用スペシャリスト」積極採用中!
今回は広告運用スペシャリストとして活躍する丸山 詩織さんに、お仕事やマレーシアでの生活についてお話を伺いました!

丸山 詩織(Shiori Maruyama)
2014年、インターネット専業広告代理店に入社。広告運用コンサルタント、営業に従事。
その後、事業会社でのPR兼マーケティング担当の経験を経て、2018年、広告運用スペシャリストとしてリゴレットに入社。

アジアの市場で裁量を持って働ける

Q.海外キャリアを目指そうと思ったきっかけは何ですか?

元々高校卒業後は海外の大学に進学しており、いつかは海外で働きたい気持ちはいつもありました。新卒でインターネット専業広告代理店へ入社したのも、インターネット関連事業であれば働く場所に縛られずにキャリア形成できるのではないかと考えたためです。

Q.なぜリゴレットに入社を決意されたのでしょうか?

前職も広告業界だったので、フリークアウトグループの存在は知っていました。
自分の持っているスキルを活かして海外で挑戦する方法を模索していたとき、リゴレットの代表 石田に声をかけてもらったのがきっかけです。日本ほど成熟していないアジアの市場で、前職での経験を活かしながら裁量を持って働けるところに魅力を感じ、リゴレットへのジョインを決意しました。

試行錯誤の毎日。でもそれが新しい発見につながる

Q.今、海外ではどのような仕事をされてるのですか?また、やりがいを教えてください。

フリークアウトグループが事業展開する各国クライアントの広告運用業務です。中でもFacebook広告を中心に、提案〜運用〜レポーティング〜改善まで一貫して担当しています。クリエイティブに関しても効果的なものを作るため、制作担当へのディレクションも行います。

運用ひとつとっても日本と同じようにはいかないので、試行錯誤の中で自分で考えた仮説が当たった時にはやりがいを感じますし、国ごとの違いなど新しい発見があるたびに面白みを感じます。

Q. 一日の流れを教えてください。
10:00:前日の運用レポート確認、運用調整など
全クライアントの数値状況をまずは確認します。運用効率の良し悪しでクリエイティブ精査したり、入札調整を行います。急ぎで対応したほうがいいことがあれば、クライアントへ早急に連絡をします。
12:00:ランチ
マレーシアにいる時は同じオフィスにいるFreakOut Malaysiaのメンバーが誘ってくれて一緒にランチへ出たり、自分で作ったお弁当を持ってくることもあります。Grab Foodも便利なので、デリバリーすることも。出張で別の国のオフィスにいる場合は、だいたい現地メンバーと一緒に食べに行きます。ローカルの安くて美味しいランチをたくさん知ることができます!
13:00:クライアントや社内メンバーとのやり取り、入稿など
クリエイティブ制作や広告用のタグなど、新規アカウント開設準備をクライアントとやり取りしたり、出来上がったクリエイティブの入稿をします。広告文のテキストについては、クライアントによっては自身で作成することもあるので、その場合ベトナムや台湾などの現地メンバーに翻訳依頼を出すこともあります。
14:00:提案資料、セールス資料作成、レビュー作成など
各国のセールスメンバーから提案の与件相談が来ることもあるので、その場合チャットやテレビ電話などで打ち合わせしながら提案資料を作成します。また、汎用的にセールスメンバーが対クライアントで使えるような媒体資料を用意したり、各国のSNS使用状況などをまとめることもあります。基本的には資料は英語で作成します。
16:00:管理画面の確認、運用調整など
午前中に行った運用調整の数字進捗を確認し、再度調整が必要な場合には対応します。また、抜本的に施策展開が必要な場合はクライアントや社内メンバーに協力を仰ぐことも。
19:00:退社

失敗を恐れない、チャレンジを推奨する環境

Q.マレーシアでの生活はいかがでしょうか?

マレーシアでの生活は、個人的にはかなり快適です!寒い冬もないので、朝起きるのがつらいこともありませんし、毎日スコールは降りますがジメジメした雨が続くこともありません。私にとっては、これだけで仕事のパフォーマンスが大幅に上がります(笑)。
また、アジアの様々な国へのアクセスが良いので、旅行を楽しんでいる人が多いです。日本から旅行するより圧倒的に安くて近いので、おすすめです。

プライベートでは街の探索、ごはん屋さん巡りなどしています。マレーシア出身の友達に知る人のみぞ知るお店に連れて行ってもらったり、日本人の友達に美味しい日本料理が食べられるお店に連れて行ってもらうことが多いです。

Q.最後に、応募される方に一言お願いします!

フリークアウトグループは各国にオフィスがあり、クライアント所在地も様々です。(クライアント担当者もアジア各国を飛び回っている方が多いです。)
そのためリモートや出張での連携が社内外必要なので、英語はもちろんのこと、中国語などの言語も学ぼうと思えば学べる環境です。

すでにある仕事を引き継ぐのではなく、どんどん新しい案件や仕事を作り出していくイメージに近いです。クライアントに紐づく業務以外にも自分から新しくやり方やツールを提案することもありますし、思わぬところから相談されることもあります。社風として失敗を批判したり責め立てる文化がないので、未知の領域にも積極的にチャレンジできるところが私は気に入ってます。

運用経験があり海外で挑戦したい方にはぴったりの環境だと思うので、ぜひ一緒に働きましょう!

− 丸山さん、お話いただきありがとうございました!

広告運用スペシャリスト採用中!

リゴレットでは、「広告運用スペシャリスト」を積極採用中です。
ソーシャルメディア広告の運用経験をお持ちで、世界でインパクトを残す事業に関わりたいという方は、ぜひご応募ください!

▼詳しくはこちら

※掲載内容は執筆当時のものです。