オウンドメディア「Make Some NOISE!」に代表取締役 時吉のインタビュー記事が掲載されました


こんにちは!
フリークアウト・ホールディングスの「人らしい仕事」をお届けするメディア「Make Some NOISE!」に、事業会社であるフリークアウトの代表取締役 時吉のインタビュー記事が掲載されました。

熾烈な市場競争、最前線を走り続けるために。

不合理な組織にメスをーー「痛み」を伴う改革、やり遂げる信念

2010年の創業から10期目を迎えるフリークアウト。アドテクノロジーのカオスマップの変遷をたどってみると、この10年間の熾烈な市場競争は明白だ。5人目のメンバーとしてフリークアウトに参画し、市場の黎明期から現在まで、その絶え間ない変化の最前線で戦い続けてきたのが、事業会社フリークアウトの代表を務める時吉 啓司だ。

会社のフェーズや市場環境がさまざまに変化するなか、常に粛々と成果にこだわってきた時吉。実力主義に徹する謙虚なリーダーは、事業の最前線で何を感じ、組織とどう向き合ってきたのか。時吉が見てきた風景をたどりながら、次なる成果に向けていま何をなすべきか、インタビューしていく。

記事はこちらからご覧いただけます。


不合理な組織にメスをーー「痛み」を伴う改革、やり遂げる信念

2010年の創業から10期目を迎えるフリークアウト。アドテクノロジーのカオスマップの変遷をたどってみると、この10年間の熾烈な市場競争は明白だ。5人目のメンバーとしてフリークアウトに参画し、市場の黎明期から現在まで、その絶え間ない変化の最前線で戦い続けてきたのが、事業会社フリークアウトの代表を務める時吉 啓…